お知らせ・活動報告

北信がんプロ 金沢大学第1回市民公開講座「明治維新から150年 激動するがん医療の流れを知ろう」開催

イベント名 平成30年度第1回北信がんプロ市民公開講座in金沢
テーマ 明治維新から150年
激動するがん医療の流れを知ろう
日時 平成30年10月28日(日)14:00~16:30(開場・受付開始13:00~)
場所 金沢大学宝町キャンパス・十全講堂
〒920-8640 石川県金沢市宝町13-1
備考 【開 会】14時00分 開会挨拶 安田 健二(石川県医師会会長)
【第1部】14時10分~15時15分
     座長:河崎 洋志(金沢大学脳神経医学分野) 
        矢野 聖二(金沢大学附属病院がんセンター)

もっと知りたい がんゲノム医療
「金沢でもがんゲノム医療が受けられるのでしょうか」

[講演1]
ガッテン!ゲノム変異の意味
金沢大学がん進展制御研究所腫瘍動態制御 松本 邦夫
[講演2]
これが金沢でのがんゲノム医療です
金沢大学附属病院がんセンター 竹内 伸司
[講演3]
がんが遺伝するかお悩みの方へ
金沢大学附属病院遺伝診療部 渡邉 淳
[講演4]
免疫療法の実力とがんゲノム医療との接点
金沢大学医学類5年 齋藤 寛晃
金沢大学医学類4年 毎田 彩季

【第2部】15時30分~16時20分
特別講演:「大切にしたい自分の体~2度の子宮がんを経験して~」
座 長:蒲田 敏文(金沢大学附属病院長)
    清川 悦子(金沢医科大学病理学I)
演 者:原 千晶さん
【閉 会】16時20分 閉会挨拶
     川部 勤(第30回日本医学会総会2019中部)
[PROFILE]
原 千晶
1974年北海道帯広市生まれ
1994年第21代クラリオンガールに選ばれ芸能界デビュー以降、雑誌やTVなどを中心にタレントとして活動。
2005年30歳の時に子宮頸がんと診断され、子宮全摘を勧められるが踏み切れず温存。
2009年年末に再度子宮にがんが見つかり、翌年1月に手術、その後抗がん剤治療を行う。
自身のがん経験をもとに、2011年7月婦人科がん患者会「よつばの会」を設立。
現在会員数は650名を超える。
会の代表として、タレントとして各地でがん啓発の講演会を積極的に行っている。
著書に「原千晶39歳がんと私、明日の私、キレイな私」(光文社)がある。
TBSひるおび!火曜コメンテーター
ポスター・申込書
PDFファイル

【申込書】
入場無料
住所、氏名、電話番号、参加人数をご記入の上、はがき、FAX、Eメールでお申し込みください。
メールフォーム

申込締切:平成30年10月18日(木)まで延長いたします。
※事前申し込み終了後は、当日の入場申し込みで対応いたしますので、当日直接会場へお越しください。

【問合せ先】
金沢大学 北信がんプロ事務局
TEL:(076)234-4205、(076)265-2854  FAX:(076)265-2855
E-mail: