患者様・一般の方へ

がん診療連携拠点病院における治療成績

 北信がんプロの先駆的取組みの一つとして、関連する連携拠点病院すべてにおいて、5年生存率(がんと診断された患者が手術を受けてから5年後に生存している確率)を算出・公表することを目標とし、準備しております。

 これら成績公表の主たる目的は、

  1. 治療成績の算出には、優れた「がん登録システム」が必須であり、この事業を通じて「がん登録システム」の整備を進める。
  2. 最近マスコミ等で発表される病院の成績比較は、取扱症例数などを基準としており、治療内容が反映されているとはいえない状況で「病院ランキング」が一人歩きしている風潮があるため、治療内容も加味した成績を公表する。
  3. がん対策基本法の主旨に沿った、北陸地域のがん治療均てん化(だれもが平等に、がん治療の利益を得ること)を推進するための指標となり得る。

長野県

 ただいま準備中です。

富山県

 ただいま準備中です。

石川県

 ただいま準備中です。

福井県

 ただいま準備中です。

【公表データの解釈に伴う留意点】

  • 本ホームページで扱う5年生存率の算出は、過去のデータを基にした、いわゆる後ろ向き調査となっています。このため、データの収集(追跡率など)等に限界があり、数字の単純比較には注意を要します。
  • 年齢、合併症の有無、化学療法の有無等について補正していないため、より困難な症例を多く治療している施設は、どうしても見かけの成績が悪くなってしまいます。

 上記の点を考慮すると、各病院間のデータについて単純な比較はできません。