お知らせ・活動報告

2021年度北信がんプロ海外FD研修「英国緩和ケアWEB研修」を開催いたしました。

実施報告

2021年度最後の北信がんプロ企画として、3月10日(木)に日本とイギリスでZOOMによるテレビ会議システムによる緩和ケア研修を行いました。平日の17時~20時(イギリス時間(AM8時))という時間帯でしたが、日本からは北陸3県と長野県のみならず、関東地域からの参加申し込みもあり、108名の申し込みがありました。本企画の関心の高さがうかがえました。

第1部ではドロシーハウスの紹介とスピリチュアルケアについてビデオメッセージ、第2部では、コロナ禍における専門的緩和ケアの提供の工夫、悲嘆と死別について事例を通した話についての生配信での講演がありました。その後、19時20分からはドロシーハウスと参加者との質疑応答が行われ、コロナ禍での募金の工夫の困難さ、ボランティアやスタッフへの教育内容と工夫などについての質疑応答がありました。

コロナ禍での緩和ケア実践の困難さとそのような状況においてどのような工夫ができるかについてドロシーハウス・ホスピスと有意義な意見交換ができました。